4/22はアースデイ・地球環境について考えよう!

4/22はアースデイ・地球環境について考えよう!

毎年、4/22はアースデイです!皆さんはどんな日か、ご存知ですか?

アースデイとは

アースデイは1969年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)によって提起されました。そしてその翌年、アメリカのゲイロード・ネルソン上院議員が「環境問題についての討論集会」の開催を呼びかけ、集会が開かれた4月22日を「地球の日(アースデイ)」とすることを宣言しました。

その集会には多くのアメリカ市民が参加し、国会議員らも環境関連の会合に参加したといいます。

そして、スタンフォード大学に通うあるひとりの学生が「『母の日』や『父の日』があるのに『地球の日』がないなんておかしい」と呼びかけ、422日水曜という平日のなんでもない日を「地球の日」としたのです。

このアースデイ、1990年からは毎年開催されることになりました。日本での取り組みが本格的に始まったのも、この頃です。

環境問題は、人と生物、地球、人と人のコミュニケーション問題ともいえます。そして私たちはだれもが、この地球と100%関わり、家族や友人との間柄にも似た必要不可欠な関係を持っています。

具体的にアースデイでは何をするの?

アースデイに決まった形式や規則などはありません。一人ひとりが自由な発想で行動します。

アースデイは「地球や環境のことを考え、美しい自然環境に感謝する1日」です。少しでも地球や環境についてまずは考え、友人や家族と話し合うことからでも、それはアースデイ的な取り組みと呼ぶことができるでしょう。

PL8HEROでの取り組み

PL8HEROでは、#EarthAidプロジェクトの一環として、チャリティー商品をご用意しました。

その売上1枚につき、500円を、環境保護団体へ寄付させて頂きます。

寄付先の団体は、時期によって異なりますので、定期的に寄附金額をホームページにてご報告させて頂きます。

アースデイ・寄付対象商品はこちら